弘前医療福祉大学/短期大学部

 学び得た知識、技術を活かす道がある
よりよい選択のサポートを積極的に推進
高い専門性と技術を培って、社会人としての自立をめざす学生たち。やりたいこと、つきたい仕事を見つけるためのそれぞれの選択。そのひたむきな気持ちに応えるために、充実の就職支援体制でキメ細かくサポートします。


支援体制


在学生・卒業生の方へ
  本学の就職支援体制は、大学は就職支援委員会、短大は進路委員会が全面的にサポートしております。また各クラス担任・グループアドバイザー教員・助言教員が個別に学生の相談に応じ、 学生一人ひとりの就活の不安や進路の相談に応じています。
 他に就職支援の取り組みとしては、短期大学部において、青森県、秋田県の福祉人材バンクに登録し、地元企業の情報が直接本人に連絡が届くようにしております。
 また、未就職のまま卒業した方、再度国家試験に挑戦している皆さん、卒業後の就職でご相談、問合せのある方はどうぞ就職支援室までご連絡ください。

就職ガイダンス

 若年者支援センター(ジョブカフェ)や就職支援サイトから講師を招き、履歴書の書き方・模擬面接・自己PRの仕方・マナーなど具体的な内容でガイダンスをおこなっております。  実際の面接試験などを想定し、練習することによって自信をもって本番に臨めるよう指導しております。


就職支援室でできること


	      

求人情報閲覧

 全国から来ている求人情報を閲覧出来ます。 県内、東北、関東などエリアごとに求人情報がまとめられています。

グループでの利用もOK

 じっくりと求人情報を閲覧してもらうために テーブルやイスなども用意しております。友達と相談しながら 自分の進路について考えてください。

パソコンでの情報検索

 興味のある病院や施設などの情報などを 調べるためにパソコンを用意しております。


その他


キャリア教育
 保健学部では、人間関係や社会生活を円滑にするためにホスピタリティ精神や常識として知っておくべき基本的マナーを学習し、 品格ある人間形成を目指す事を目的とし、1年次「生活の教養」の授業を行っております。
 本授業では大学の理念や学位授与の方針を理解するとともに、 保健・医療・福祉に関わる職場で対人関係を円滑にするための知識や精神、社会人としてのマナー(挨拶やみだしなみ)や ルールを身につけさせます。

社会人基礎力アップセミナー

 外部から講師を招き、保健学部1年生を対象に社会字基礎力向上や自己分析などを目的に 社会人基礎力アップセミナーを行っております。さらに本学独自のテキストを作成し、 将来、医療職として就職し、キャリア・アップをしていくためのライフデザインを 1年生の内から考えさせるためのキャリア教育を実践しています。

 
弘前医療福祉大学/短期大学部 トップページへ